« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月27日 (日)

小学校普通教室へのエアコン設置方針が確定

9月定例月議会初日に、古川市長から、「小学校へのエアコン設置の協議が整いました」と報告されました。
 そして、「議会最終日に実施設計の費用を補正予算として計上する」との報告があり設置の方針が確定しました。
 前市長は、「中学校へのエアコン設置は行うが、小学校へは設置しません」との考えでした。
 日本共産党市会議員団は、地球温暖化も含め、実際に子どもが置かれている様子を各小学校の校長先生や教頭先生の意見も聞きながらエアコンの必要性を訴え続けてきました。
 新市長になって初めての6月議会にも代表質問で取り上げていました。
 古川市長は、「子どもたちの教育環境を今より良くしていきたい、充実していきたいという気持ちはもちろんあります」「将来の財政状況等も勘案しながら検討してまいりたい」と答えました。
 また、新日本婦人の会は、「小学校普通教室へのエアコン設置をしてください」との請願を市議会へ提出し、共産党市会議員団が紹介議員となり他党会派への協力を求めました。
 しかし、6月議会で賛成したのは共産党以外に、さやま維新の会のみで、他の会派は「継続審査」との態度でした。
 その後、大阪狭山市総合教育会議(平成27年8月17日)で小学校へのエアコン問題が話し合われ、すべての教育委員が賛成意見でした。
 「当然、財源の問題は無視できないですが、ぜひ、一刻も早く子どたちが快適な環境の下で学習きるような環境づくりをしていただきたいと思います」との教育委員の発言は、私たちの思いと同じでした。   

2015年9月20日 (日)

希望の「戦争法廃止の国民連合政府」の呼びかけ

9月19日、日本共産党中央委員会は、「戦争法j(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現を呼びかけました。戦争法案の採決強行を目のあたりにして「ショックをうけている」と言っていた人も少なからずいましたが、この連合政府の呼びかけは、明るい希望の持てるものになると思います。

Skmbt_c25315092009180Skmbt_c25315092009190

2015年9月19日 (土)

戦争法案強行可決 たたかいはこれからです

戦争法案に対する世論調査では、「今国会での成立に反対」が6割、「政府の説明が不十分」が8割です。この圧倒的な国民の声を踏みにじり、安倍内閣と与党自民党・公明党が戦争法案強行に突き進みました。国民の怒りは、強行した勢力を絶対に許しません。  戦争法案阻止の闘いには本当に幅のひろい人々が立ち上がっています。法案成立直前の17日、国会前での廃案を求める行動に俳優の石田純一さんが参加して「戦争は文化ではありません」と訴える姿がテレビで流れました。「えーあの人が」と思っていましたら、18日の集会にも参加してスピーチが行われたとの報道がありました。                 たたかいは、これからが本番です。 草の根の運動、みなさんご一緒にがんばりましょう!         Skmbt_c25315091904540_2               (赤旗日刊紙 19日付14面記事より抜粋)

2015年9月14日 (月)

「戦争法案」 いよいよ大詰め 強行反対さらに輿論を大きく

「戦争法案」いよいよ正念場です。安倍政権は、15日に中央公聴会、16日の地方公聴会を済ませてすぐにも採決強行したいとの思惑で進めています。しかし、「憲法違反の戦争法安廃案!」「強行採決反対!」の声は大きくなるばかりです。                  大阪狭山市民も集会やパレードも行い「STOP 戦争法案!の声を上げています。今日も、狭山駅で5つある入口(階段3ヶ所、エレベーター2カ所)でビラ配布を行いましたが 1時間足らずで250枚がなくなりました。                                 このあと、沿道に出て「戦争法案反対」のパネルを掲げ、行き交うドライバーや電車に向かってアピールを行いました。どれぐらいの人が見てくれたかなー。Dsc03528_3

2015年9月 6日 (日)

戦争法案反対 大阪狭山で初めての集会とパレード

9月5日(土)午後4時にから始まった、さやか公園での「やめてんか!戦争する国づくりの集会は、新j婦人のコーラス「はとぽっぽ」と手話コーラス「コスモス」のコラボで「青い空は」の歌声で始まりました。

小林宏至実行委員長の挨拶に続き、市民や団体からの1分間スピーチが8人からおこなわれました。最年少者は現役女子大生、最年長者はパラオ島での戦争体験者を語った94歳になる男性でした。

続いて、日本共産党の清水ただし衆議院議員から、緊迫している国会情勢と憲法違反の戦争法案廃案へ全国の草の根の運動が安倍政権を追い詰めていることが語られました。

金剛駅までのパレードには、途中参加者も含め述べ230人を超えるものとなり、大阪狭山市でも戦争法案に対する大きな怒りがあることを示しました。

          2      二度と戦争はしてはならないと語った94歳になる戦争体験者(上の写真)

Pict0151              清水ただし衆議院議員の報告を聞く参加者

Pict0171

Pict0200

Pict0220

Pict0224_3

Pict0227

Pict0228_2

Pict0229               パレード最終地の清水ただし衆院議員

2015年9月 3日 (木)

 やめてや!戦争する国づくり! 集会とパレード さやか公園へ

9月5日(土)、さやか公園で午後4時開会 新婦人コーラス・平和の歌声と手話コーラスによるオープニング、小林宏至実行委員長あいさつ、参加者による1分間スピーチ、清水ただし衆院議員による国会報告、集会宣言のあと、4時50分から金剛駅までパレードします。 お気軽にご参加ください。 戦争法案 STOP 大阪狭山実行委員会からの訴えです。Skmbt_c25315090306590

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30