« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月30日 (木)

「戦争法案」STOP大阪狭山実行委員会が結成されました

 7月28日、「戦争法案」をストップさせようと大阪狭山実行委員会が結成されました。呼びかけ人は府立大学名誉教授で大阪狭山革新懇世話人の小林宏至氏他有志です。
 実行委員会では、500人アピール署名(8月25日締切)と9月5日の集会パレードへの参加を訴えています。「政治的立場を超えて戦争法案ストップに力を合わせましょう」と広く市民に呼びかけることにしています。
       

                   呼びかけのチラシです。

Skmbt_c25315073005230

2015年7月20日 (月)

「戦争法案」を葬り去り 安倍政権にとどめを!学習会に参加

20日(月)、大阪狭山市立コミュニティセンターで「戦争法案」を葬り去り安倍政権にとどめを!学習会に参加してきました。

講師は、関西学院大学法学部の教授で大阪革新懇代表世話人の冨田宏治氏でパーポイントでの説明で2時間を超える講演でしたが、戦争法案がいかにひどいものかということと、安倍首相の浅はかさが浮き彫りになり、運動を強めて戦争法案を廃案に追い込み、安倍政権を倒せる確信が持てる内容でした。

安倍首相は、連休のうちに国民の批判はおさまるだとろうと思っていたかもしれませんが、全国各地での批判の声は一層高まり、安倍政権への急激な支持率低下へとつながっています。自民党支持層にも公明党支持の創価学会員の中にも批判の声は大きくなっていることが報告されました。中でも公明党の支持率が2.9 %へと半減していることなど、まさに大きな変化がうまれていることを知りました。

8月6日広島、9日長崎の原爆投下70年、8月15日、終戦70年という節目の年、戦争法案をっ葬り去った記念の年に、、闘いはこれからが正念場です。小さい力ですが、頑張りたいと決意新たにしています。

Pict0149

Pict0144
Pict0142_2
Pict0145
Pict0146_3















2015年7月19日 (日)

戦争法案廃案へ 立場超えた大きな集会(扇町公園)

18日の夕方、大阪市北区の扇町公園で「戦争法案は廃案に!おおさか1万人集会」が行われました。しんぶん赤旗では、1万人を超える人たちが集まったと報道されています。(しんぶん赤旗16面をお読みください)

会場では、何年かぶりにあう人達もいて近況を話したりもでき、頑張るエネルギーを得ることができました。Pict0132

Pict0131

Pict0135

Pict0138_2

Pict0141
            デモの途中、河南地区委員会のぼり旗、川手常任が振り向いてます。

Skmbt_c25315072117531                        
             絵本作家の長谷川義史さんが描いてくれたイラスト。とても可愛くて力

            強く人気があります。もらって帰って家の門扉に貼りました。






2015年7月15日 (水)

戦争法案廃案まで力を合わせよう

今日、7月15日、日本共産党は、党創立93周年です。その日、安倍政権は戦争法案を特別委員会で強行しようとしています。 絶対に許さないと朝の駅頭宣伝に行ってきました。

 そして、今日、5時30分から6時30分まで、金剛駅西口で強行採決に抗議する宣伝を行います。参加できる方は、よろしくお願いします。

 13日には、大阪狭山革新懇のメンバーが、ニュータウンコノミヤ前で戦争法案反対の署名と宣伝をしました。         

Dsc00412
              左端が、私北村です。

2015年7月11日 (土)

我が家の掲示板

戦争法案を巡って緊迫した情勢となっています。どの世論調査を見ても、戦争法案「反対」が「賛成」を大きく上回っています。主権者国民の声を無視する政治は、独裁政治と言わなくてはなりません。

 憲法9条に反する戦争法案、さらに主権在民の大原則をも踏みにじる安倍暴走政治は絶対に許せません。みなさん、ご一緒に「安倍政権は、憲法9条守れ!、民主主義を守れ!」と声を上げましょう。

Pict0123_3







2015年7月 9日 (木)

狹い道路 水路改善等で少しでも広く(狭山駅から一方通行側)

 7月7日(火)雨の中、狭山駅から一方通行中信号までの間の道路状況と側溝の視察調査が行われました。
 私は、地域の人達から「狭い道路、車が来たら大変です」「グレーチングがガタついていて危ない所がある」また、「市の大掃除の時、水路に敷かれている鉄板を上げるのは高齢者には無理」「水路の改善をして欲しい」との要望を受け、市の担当者に改善を申し入れました。

 この道路は一方通行で狭いのですが府道のため、市から府土木事務所へ要請が行われて、この日の調査となりました。
 当日は、府の富田林土木事務所から2名、市から都市整備部理事と土木グループから2名の職員の方が来てくれました。私、北村も一人の市民の方と同行しました。
 途中数人の市民の声を聞きながら、両サイドの水路改状況の改善できるかどうかなどの意見交流をしながらの視察となりました。
 府の担当者からは、区間全体の改善計画として地元要望が整えば予算要求がしやすい旨の意見がありました。住民要望に添って取り組んでいただけるようお願いをして視察は終わりました。

                     狭山駅前 スタートDsc_0004_2

Photo_2

Photo_4

Photo_8

Photo_9

Photo_10

Photo_12

Photo_13              中信号 終わりの語らい、北村は右から2番目

































2015年7月 1日 (水)

2015年原水爆禁止国民平和大行進 雨風に負けず

広島・長崎の被爆から70年目を迎えようとしています。
毎年行われている原水爆禁止国民平和大行進は、1958年に始まり、ことしで58回目となります。
 ことしの平和行進は、5月6日に東京・夢の島、北海道・礼文島を出発し、被爆地・広島、長崎まで全国11の幹線コースを歩き続けます。
 7月 1日(水)は、河内長野市役所→富田林市役所 → 羽曳野市役所 → 藤井寺市役所 → 松原市役所コースで、大阪狭山市からは新日本婦人の会や年金者組組合を始め多数の市民が参加しました。
 この日は強い雨風の中でしたが、家から出てきて激励してくれる人や小学校前では多数の子どもたちが窓から手を振るなど元気に行進ができました。

              河内長野市役所での集会 行進直前の注意

              点等の訴えがされ行進へ。通し行進者の人達

              が横断幕を持って先頭に立ちます。

Pict0123_2

Pict0124

Pict0126_3

Pict0133_2

Pict0140

              雨の中、誘導するおまわりさんも大変でした。

Pict0142

              北村も参加しました。長靴履いて行きましたが

              ずぶ濡れでした。(汐ノ宮公園で)

Pict0143_2

              富田林市役所での集会。(下の写真)

              このあと羽曳野市役所へ出発。スタートと同時に

              強風と大雨でした。

              私は、ここまでで終わり、妻と一緒に友人の車で

              家まで送ってもらいました。助かりました。

Pict0152
























« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30